我が家で住友林業の挽板を採用した理由

どうもフミです!

住友林業といえば「木と生きる幸福」というキャッチコピーを付けるほど木に対して強いこだわりと品質の高さが特徴です。

床材に関しても住友林業では1階に無垢床を標準で採用することができ、家づくり当初住宅展示場を訪れた時にはその質感と見た目に感動して我が家でも無垢床にする気満々でした。

しかし結果としては我が家では話し合いを重ねた結果、床材には無垢ではなく挽き板を採用することになりましたので、今回は床材のそれぞれの特徴と我が家が挽き板を選んだ経緯を紹介し、家づくりの床材で悩まれている方の参考になれば幸いです。

目次

それぞれの床材の種類は?

まずは住宅で採用される床材を大きく分けて4つご紹介します。

シート系床材

塩化ビニル樹脂を使って木目調に印刷したシートを合板(スライした木を接着剤で張り合わせたもの)に巻き付けた床材です。

メリット

  • 価格が安い
  • 強度が高い
  • メンテナンスがいらない

デメリット

  • 種類によってかなり安っぽく見える
  • 強度は高いがシート自体は薄いため、傷がつくと下地が見える
  • 足裏が湿っているとペタペタと張り付く感覚がある。

コスパがいいため多くの住宅で採用されている床材で、我が家のアパートもシート系の床材ですが、本物の木ではないので質感も高くなく、暑がりの私が歩くとペタペタと張り付いて足跡ができるのであまりいい感触はしません(笑)

傷についても物が落ちれば当然傷がつくので注意が必要です。

携帯を落としてできた傷・・・

それでもコスパは抜群にいいので、見た目よりも価格重視の方にはお勧めのフローリング材になっています。

突板

住友林業カタログより

突板は厚さ0.3㎜にスライスた木を合板に巻き付けている床材です。

メリット

  • シート系の床材より質感が高い
  • 耐水性に優れている
  • 価格が安い

デメリット

  • 挽板や無垢床に比べると質感が劣りやすい
  • 木が薄いため、深い傷ができた場合下地が見える

一部本物の木を使っているのでシート系よりも質感がよく、耐水性、コスト面も優秀なのが大きな特徴です。

こちらの床材もコスパ、耐久性ともに優れているので多くのハウスメーカで採用されています。

挽き板

住友林業のカタログより

挽き板も突板同様スライスした木材を合板に張り合わせたものですが、木の厚みが異なり、スライスした木材が2㎜程度巻き付けてあります。

メリット

  • 限りなく無垢床に近い質感が実現できる
  • 耐水性、耐久性に優れている
  • 床暖房に対応している

デメリット

  • 突板よりも価格が高くなりやすい
  • 無垢床よりも質感は劣る

限りなく無垢床に近いため、ぱっと見で無垢床と挽き板を判別するのは素人目ではなかなか難しいですね。

無垢床

住友林業のカタログより

無垢床は天然木から切り出した1枚の板でできています。

メリット

  • 高級感がある
  • 断熱性が高い
  • 調湿効果
  • リラックス効果
  • 経年変化を楽しめる

デメリット

  • 価格が高くなりやすい
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 床暖房不可の床材が多い
  • 水や傷に弱く、シミになりやすい
  • 木が温度で伸縮するため反りや割れが起こりやすい
  • 木目の間にごみが溜まりやすい

無垢床は床材の中でも大きなメリットがたくさんありますが、反対にデメリットも多数存在します。

もちろん耐久性が高い無垢床や床暖房を対応している物もありますが、価格としてはどうしても高額になりやすいです。

ちなみに住友林業では

  • メイプル
  • オーク
  • くり

の3種類から標準で採用することができます。

我が家が採用した床材とその理由

平屋の我が家では部屋によって3種類の床材を採用しました。

廊下、LDK

住友林業のカタログより

家のメインとなるLDKでは挽き板のオークを採用しました。

家づくり当初は無垢床のメイプルを採用していたのですが、私たち夫婦は根がズボラのめんどくさがりのため、定期的なメンテナンスができる自信がなく傷にも神経質になりたくないため諦めることに…

そしてもう一つの理由が寒がりな妻のために床暖房を最終的に採用することになったためです。

床暖房については賛否両論あるかと思いますが、エアコンが嫌いでできるだけ家の中を快適にしたかった我が家では最終的に悩んだすえ採用しました。

寝室

寝室は挽き板のウォルナットを採用しました。

寝るだけだから無垢床にしてもいいかなとなりましたが、結局メンテナンス面や耐久性を考慮した結果採用は見送りました。

洋室(子供部屋)

子供部屋は突板のクリを採用しました。

子供部屋はとにかく耐久性重視。

あとは突板にすることでコストも若干安くなるので、ほんの一時期しか使わない子供部屋にそこまでコストをかける魅力がなかったため突板にしました。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

我が家では最終的に挽き板を採用しましたが、値段的なところで言えば逆に少し値段が高くなりました。

標準仕様の無垢床は大量仕入れによってコストを抑えているが、我が家が採用した無垢床は希少で若干値段が高くなってしまうとのこと。

ちなみに子供部屋に採用していた突板はその分値下げになっていました。

今回の記事で少しでも床材で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

他の施主ブログの一覧はこちらからどうぞ

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる