ミーレ食洗機45㎝の使い方は?特徴やデメリットを紹介

どうもフミです!

今回は我が家で選んでよかったオプションの一つ、ミーレ食洗機について紹介していきたいと思います。

コロナ渦で食洗機の需要が急増しており、特にミーレ食洗機は生産が追い付いていない状態ですが、採用されるか悩まれてる方もいらっしゃるのではないでしょか?

そこで実際にミーレ食洗機45㎝を採用し、毎日バリバリで使っている我が家の感想やデメリットなどを紹介していきますので、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

この記事でわかること

  • ミーレ食洗機の特徴
  • ミーレ食洗機45㎝の使い方
  • ミーレ食洗機の洗剤やメンテナンス
  • ミーレ食洗機のデメリット
目次

ミーレ食洗機の特徴

ミーレはドイツに本店を持つ海外製食洗機で他にも洗濯機や掃除機なども販売し、世界に100近い数の支店やショールームを展開しており日本にも支店が存在します。

開口部

国内製食洗機の多くは扉を引くスライドタイプが多いものに対して、ミーレ食洗機はフロントオープンタイプを採用しています。


これによりスライドタイプと比べるとデッドスペースが少なく、同じ45㎝型でもより多くの食器を収納することが可能です。

フミ

我が家の場合は一日分の食器が全部入るので、余洗いしたらどんどん食洗機に入れていき、寝る前に洗っています。

洗浄力と豊富なプログラム

ミーレには洗浄ノズルが上中下の3段に取り付けられており、高い洗浄力を発揮します。

洗浄プログラムに関しても食器の量や汚れをセンサーで感知し、洗浄力を調整してくれるセンサーウォッシュ。
熱に弱いグラスやプラスチック製品を洗うジェントル、水量と電力を節約するエコなど豊富なプラグラムがあり、上位モデルになると哺乳瓶に適した高温すすぎもやビールジョッキ、パスタなどそれぞれの汚れに適した個別モードなどより細かいニーズに適したプログラムもあります。

乾燥方法

ミーレ食洗機にはどのモデルにも乾燥機機能がついていません。

国内製の食洗機だと洗浄&乾燥機能がついている物が多いですが、ミーレでは余熱乾燥機能を代わりに取り入れています。

洗浄が終わった後に自動で扉が数センチほど開き、食器についた水滴を蒸発させることで乾燥させる方法です。

水蒸気を蒸発させるのである程度時間が掛かりますが、電気代は不要ですし、食器の負担が軽くなるなどメリットもあります。

ただ、食器の種類によっては水滴が多く残り、特にプラスチック製品は水分が蒸発しにくく、水滴が付着しているので拭き上げなければなりません。

デザイン

ミーレ食洗機は国内のキッチンメーカーのグレードにもよりますが、多くのシステムキッチンに対応しています。

標準ドア取り付けタイプ

最もスタンダードなモデルでデザインで色味はホワイトのみ。

食器洗い機 (標準ドア装備タイプ) 幅60 cm – ビルトイン食器洗い機favorable buying at our shop (miele.co.jp)

ドア材取り付けタイプ

ミーレ食洗機のドア材に好きなものを採用することができ、取り入れるシステムキッチンのドア材と同じものを採用することで統一感のあるキッチンを選ぶことが可能です。

我が家もこのタイプのミーレを採用し、リクシルのシステムキッチンに取り付けています。

操作パネルはドアの上部。
パネル色は3色より選べますが、その分標準タイプよりも追加で費用が発生します。

オールドア材取り付けタイプ

食器洗い機 G 7964 C SCVi AutoDos (60CM)(送料27500込) – 食器洗い機 (オールドア材取付専用タイプ) 幅60 cmfavorable buying at our shop (miele.co.jp)

操作パネルがドア上部ではなくドアを開けた天面についているので、ドアを閉めたときに操作パネルが見えずにドア材のみを前面に出すことができます。

そうすることで食洗機があることがぱっと見わかりにくく、最上級グレードのモデルでは扉に2回ノックすると開き、扉の開閉につかう取っ手すら不要で非常にシンプルな見た目にすることが可能です。

耐久性

食洗機の中でも高い耐久性を誇り、20年使用されることを前提に開発・テストをされています。

各プログラムごとに様々な性能テストを行い、扉の開閉やバケットの出し入れでは10万回のもの開閉テストを行います。

本当に20年使用できるのかは疑問は残りますが、仮に20年間使い続けることができるのであれば食洗機の中でも高価格であることにも納得かもしれません。

ミーレ食洗機の使い方

使い方は他の食洗機と同じで洗い物をどんどん入れていくのですが、ミーレは食器を食洗機に入れる前に軽く洗う予洗いは必要ないと明記されています。

ミーレの食器洗い機に、予洗いは必要ありません。

少ない水でも汚れを落とすスプレーアーム、最高75℃の高温洗浄、繊細なグラスと汚れた鍋を自動で洗い分けるオートセンサーなど、1929年ヨーロッパで初めて食器洗い機を開発したパイオニアとして磨き続けた技術で、高い洗浄力をお約束します。

引用:ミーレ公式HP

ただ我が家では食洗機内のフィルターにゴミが詰まるのを防止し、食器がよりきれいになるようにあえて余洗いをしてから投入しています。

食器類を入れるバケットにはフレックスアシストと呼ばれる機能があり、バスケット内の黄色レバーを動かすことで、バスケットの高さや幅を食器に合わせて調整することが可能です。

洗剤・リンスの投入方法

扉を開けて内部に洗剤、乾燥仕上げ剤の投入口がそれぞれあります。

左が洗剤、右が乾燥仕上げ剤の投入口です。

洗剤は毎回投入ですが、乾燥仕上げ剤は食器の水切れをよくし、水滴がつきにくくしてくれるもので、一度投入するとその都度必要な量を自動で調整してくれます。

補充された乾燥仕上げ剤が少なくなると「リンスを補給してくださいと」画面に表示されるので、早めの補充が必要になってくるので注意してください。

我が家では当初ミーレの純正洗剤と乾燥仕上げ剤を使用していましたが、価格がタブレット洗剤60粒入りで約4500円。
乾燥仕上げ剤が1本2600円とお高めだったので、我が家では洗剤はフィニッシュを使っています。

乾燥仕上げ剤は引き渡し時にもらった純正のものがまだありますが洗剤同様お高いので、今後は両方ともにフィニッシュの製品で統一する予定です。

価格はどちらも純正の半値以下、洗浄力も申し分なく使えています。

メニュー選択

あとは汚れものや食器の量に応じて洗浄プログラムを選定します。

フミ

我が家の場合は基本は自動調整のセンサーウォッシュを使い、食器が少ない場合はエコ、汚れものがヒドイ場合は高温のインセンティブ75℃(ホット&パン)を使い分けていますね。

ミーレ食洗機のメンテナンス

ミーレ食洗機を使う上で日々のお手入れについてご紹介します。

洗浄プログラムから選ぶ

ミーレの洗浄プログラムの中にMachinemaintenance(庫内洗浄モード)
モードがあり、庫内の洗浄を自動で行ってくれるプログラムです。

普段の洗浄で庫内の汚れもほどんど洗い流してくれますが、汚れがひどい場合やにおいが気になる場合に使うと有効で、プログラムを実行するときは庫内は食器を置かずに空にして使要していきます。

お手入れ

日々のお手入れは庫内のトリプルフィルターを掃除します。

フィルター内にゴミが溜まることがあるので定期的に確認し、必要であれば分解と洗浄が必要です。

また、50回使用するごとにフィルターをチェックしてくださいと画面に表示される(30回~60回に変更も可)ので、フィルター掃除を忘れることを防いでくれるかと思います。

スプレーアームの点検

上中下段にあるスプレーアーム(洗浄ノズル)も4~6か月ごとにお手入れをすることを推奨しています。

アームの根元や紛失口にゴミが詰まり、故障につながる恐れがあるためです。

ミーレ食洗機のデメリット

ここまでは特徴と使いやすさを紹介しましたが、デメリットも複数存在します。

コスト面

最も安いグレードのものでも35万円、上位モデルになると74万円を超えるなど、国内製の食洗機と比べるとか価格は高めです。

またミーレ食洗機が壊れた場合でも国内メーカーと比べると時間とお金がかかります。

ミーレも日本支店がありますが全国に支店があるわけではなく、実際にスタッフが家にお邪魔し点検や修理をするとなると数週間は時間が掛かるとのこと。

また部品も海外製のため、国内製よりも割高になってしまうケースが多いかと思います。

フミ

高耐久を押しているとは言え生活家電なので、いつかは故障すると思います。
国内製も海外製も壊れる前提で考えると、どうしても割高になってしまうかもしれません。

食器によっては乾燥しにくい

先ほども少し紹介しましたが、乾燥ではなく余熱乾燥なので乾燥しにくい食器類があります。

ミーレだけに限った話ではないのかもしれませんが、具体的にはタッパーなどのプラスチック製品は溝に水が溜まっており、結構濡れています。

品薄状態が続いている

ミーレ食洗機自体のデメリットではありませんが、生産拠点が海外のため納品するのに時間が掛かる場合があります。
特に今はコロナ禍による影響から生産が追いついておらず、公式HPから謝罪があるほどです。

世界中で巣ごもり需要が拡大し、弊社食器洗い機の需要も急激に高まっております。

継続してミーレのヨーロッパ各工場では24時間体制にて生産に努めておりますが、現在もなお新型コロナウイルスの影響により思うような増産体制が敷けず、世界中の需要に十分にお応えできない状況が続いております。日本においては、引き続きご希望の機種・品番をご希望の納期にお届けできない可能性があります。お客様には大変なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

                                         2021年8月3日

                                        ミーレジャパン株式会社

引用:ミーレジャパン公式HP

ミーレ食洗機を採用する際は各ハウスメーカーや工務店さんの担当者の方に入荷状況や納品、設置がいつ頃になるのか確認することをお勧めします。

その他

我が家は感じていませんが、調べてみると60cmサイズのミーレ食洗機を導入された方で食器の容量が多すぎる方もいるようです。

また、大型になればその分水道代や電気代は追加でかかってくるので、この辺も人によってはデメリットになるのかもしれませんね。

まとめ

今回はミーレ食洗機の特徴と使い方、デメリットについて紹介していきました。

SNSでミーレのことを知り、採用して本当に良かったと夫婦ともに思っています。
アパート時代は食洗機もなく、まさかここまで家事を楽にしてくれるものだとは思いもよりませんでした。


とはいえデメリットもありますし、優秀な国内製食洗機もたくさんありますので、各御家庭にあったメーカーを選んでいただければと思います。

それでは次の記事でお会いしましょう!

他の施主ブログの一覧はこちらからどうぞ

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる